荒崎パーキングエリア

  • 絶景
  • 休憩

 荒崎パーキングの山手にみえる小高い山は垂水で一番古い山城垂水城です。平安末期、ここは寺社領で領地争いが絶えず1120年大分の宇佐八幡宮から上総介舜清がきてここに山城を築きその後、石井氏、伊地知氏、川田氏が治め1599年垂水島津2代以久が種子島から移ってその後孫の久信に譲りました。1600年人口が増え現在の垂水小学校に林之城を築き1611年に移りました。現在でも垂水城のシラスの崖下からは清水が湧き出してくるのでこので出水にちなんで垂水の地名が起こったといわれ、この辺りの地名は「元垂水」呼ぶようになりました。

 

 荒崎パーキングにあるお手洗いを利用される事があると思いますが、いつもきれいに掃除され季節の花が活けてあります。7、8年前から垂水商工会女性部がボランテァでトイレ掃除、花壇の草取り、季節の花活けをしている。ここ1,2年は商工会折鶴グループが行っている。1,2回のボランテァは誰でもできるが何年も続ける事は難しい。いつもありがとう。