財宝 猿ヶ城ラドン療養泉と薩摩明治村

  • 絶景
  • 休憩
  • 宿泊
  • 温泉

 財宝グループが平成26年9月1日~オープンする「猿ヶ城ラドン療養泉」は現在一期工事を終え完全予約制による長期療養型を目指す。

 垂水フェリ―から15分の猿ヶ城渓谷にありラドン、硫黄泉の施設がある。

天然ラドンは18項目の病気、症状に効果があり天然硫黄泉は19項目の効果があるといわれる。

 猿ヶ城渓谷は高隈山系のブナの原生林を源にする清流が創り上げた県下有数の渓谷で当地の地名は「垂水市 新御堂 湯之谷」と言い地名のいわれは500年程前肥後氏の居城があり戦いで傷を負った部下の為に温泉を見出したと言われる。昔から「山」んとっ」(山の湯治場)といわれ、皮膚病にいいと地元では有名です。

 ちょっといい話

 現在80歳と78歳の姉たちは子供の頃皮膚病「じゅはっがさ」と言われる(18歳ぐらいにならないと治らない)と言われる重症のでき物になった。今ほど皮膚科があったわけではなく自然に治るのを待つのが当時の一般家庭の現状だった。また周りにもそのような皮膚病の子が多くいたのだという。祖母は2人の姉たちをこの猿ヶ城の「山んとじ」につれていき母の記憶では約10日程湯治し治り、その後再発はしなかったそうです。二人とも結婚しそれなりの人生を送っている。母は姑の好意がよほどうれしかったらしく事あるごとに語って聴かせた。祖母は水之上出身だった。