海潟漁港

  • グルメ
  • お土産
  • 絶景
  • レジャー

 

味処桜勘

垂水市漁協直営の新鮮なカンパチ料理店。大漁旗に彩られた店内は雰囲気あります。

>>海潟643-14 TEL:0994-32-0321

カンパチ餌やり体験

本能むき出しでダイナミックに餌を食べる様は圧巻です。

>>垂水漁協 TEL:0994-32-1165

いかだ釣り

海潟沖に浮かぶいかだで、フィッシングはいかがですか?

>>林さん TEL:090-5946-6172

 海潟漁港は江ノ島や桜島の景観雄大な漁村で.天保時代から浦型漁猟の伝統をもちかつお餌料生簀の漁村日本一であった。かつお漁の餌はかたくちイワシで明治39年に山川港で生簀の研究がすすめられ、のちに鹿児島水産技士島田覚冶氏が行政指導で海潟にもってきた。その後明治43年垂水村漁村組合ができた。今もこの漁を行っているのは海潟の川畑」水産,柊原の金丸水産がある。その後真珠の養殖、はまちの養殖そしていまかんぱちの養殖をおこなっている。かんぱちは「海の桜勘」のブランドで全国展開している。ブルーツ-リズムも盛んで餌やり体験、など関西方面の修学旅行生の受け入れを行っている。日々進化する水産業の中、いち早く世の中の情勢をキャッチし海の資源を活かした取り組みを行っている。

 垂水漁業組合の建物の一角に漁師に奥さん達が経営する「味処桜勘」がある。かんぱちのあら煮は漁師の奥さん達が代々伝えてきた独特の深みのある絶品です。海鮮丼,漬け丼、かんぱちで作ったハンバーグもおいしい。ここでしか買えない加工品も販売している。

 海潟、中俣はキヌサヤをはじめて垂水に栽培した所です。広島の末田浅吉がミカン山にうえたのが始まりです。海潟の内田菓子店にはこのキヌサヤの形をした「キヌサヤ最中」があります。垂水の銘菓です。