ブログ一覧へ戻る

[2014-09-02]垂水には昔からあるラウンドアバウト?

 9月1日から全国に信号による交通渋滞を緩和、災害時の停電による信号機が使えなくなる事などを考慮し信号機のない「ラウンド、アバウト」の設置がニュースで取り上げられている。

 1日のテレビ、新聞では気がつかなかったが(歳のせい?)2日目になって内容が段々理解出来て来ると垂水にはずいぶん昔からあるよな・・・そうです、旧垂水フェリ―のターミナル付近です。

 正式に認められているわけではないが標識(→)も同じ、交通ルールも同じです。ターミナルに入り込んでくる道路は全部で9本ありました。ここで大きな事故があった記憶はありません。たまに一旦停止を怠り、警察に取り締まりには遭いますが。

 垂水市内では結構交通量の多い場所です9つの道路は市役所、消防署。農協、ホテル、バスの発着場.、タクシー会社などがあり大型ダンプも出入りする。しばらく観察していると必ず一旦停止、速度を落としたまま走行している。たまに他県からきた車が逆走しているが周りが気配りして速度を落とす。

 いずれは鹿児島県にも設置されるであろう「ラウンド、アバウト」垂水市民はしっかり学習していますので大丈夫。