ブログ一覧へ戻る

[2014-11-28]民泊 古賀市古賀東中学校

 11月26日~28日まで福岡県古賀市立古賀東中の生徒さんが民泊で垂水にきてくれました。創立以来初めて民泊体験で緊張した一日目、すっかり慣れて農業、漁業、郷土料理、お菓子作りと楽しみました。

 我が家は引率の先生方の体験という事で午前中は海潟漁港でカンパチのエサやり、11時今が見ごろの千本イチョウ園の見学をされました。

 昼食は生徒さんを受け入れている武田さんが生徒さんと一緒に作った「銀杏おこわ御膳」、ここ大隅しか作らない「からいものでんぷん汁」食後は「粟んぜんざい」を食べて頂きました。

 先生方の体験は初めての事で少し戸惑いもありましたがここは垂水島津家の城下町で雰囲気も残っていますので着物をきて散策しました。{生徒のみせたいねー」と言いながら写真を写していると偶然受け入れ家庭のWさん一行が車で通り「なにしとん?」と生徒さんは目を白黒、早速車から降りてパチリ(いつもの先生とは違う着物姿に照れくさそう)

 脱ぎたくないといいつつ、次のサツマイモで作るお菓子の準備です。つぶしたサツマイモをホットケーキの粉でくるんで揚げるだけのお菓子ですが揚げたて格別です。残りは他の先生へお土産です。

 来年も来て下さるそうです。元気で受け入れしましょうね?皆さん